【究極の断捨離】「断捨離の本」を読んで実行したところ最後には「断捨離の本」まで処分できた話

   

【究極の断捨離】「断捨離の本」を読んで実行したところ最後には「断捨離の本」まで処分できた話

皆さん、物に囲まれて、物主導の生活を送っていませんか??

かつての僕もそうでした。昔から物持ちがいい方で何でも保管する性格でした。

でもある時、ある断捨離の本を読んだのをきっかけにドンドン物の整理をして行くようになりました。

最初はあれこれ悩んでいたのですが、不思議なもので一度処分することに慣れていくと

どんどん整理できていくもんですよね~。あら不思議?

「あれもの要らないわ!これも要らないわってね!!」

そうして時間を掛けて少しづつ整理して行ったのですが、最初の頃はこの断捨離の本を読みつつモチベーションを保ちつつと言った感じで、やっていたのですが、

最後の方はもう本がなくてもすっかり断捨離することに慣れてしまいいつの間にか完全に断捨離イズム継承した断捨離マスターになっていました。

そして、

「もしかしたら、究極の断捨離とはこの断捨離マニュアルと言えるこの本を捨てることなのではないか?」

と悟りの境地に達した僕は考えたのです。

もちろん本には書いていませんが、

「究極の断捨離とは、この本を捨てることである。」

と作者が言っていると勝手に受け取り(※たぶん言ってないと思うけど・・・)

究極の断捨離を実行することを決意しました。

流石に捨てるのは忍びなかったので、たまたま近所のフリーマーケットに出店予定があったのでそこでの商品ラインナップに加えることにしました。

フリーマーケット当日、見事に近所のおばちゃんがこの「断捨離の本」を買っていきました。

「断捨離の本」は売られ売られていくのが本来のあるべき姿かなと

断捨離マスターの僕は思うのでした。

断捨離している皆様、最後のその本を処分した時にあなたは本物の断捨離マスターになるでしょう!!!!!

 - 体験談